やさしいコルクマットってどうなの?

大人気の「やさしいコルクマット」についての情報を発信しています。


スポンサードリンク

やさしいコルクマット~フローリング②

近年の住宅(マンション・戸建てともに)は70%が木質系床材を使用しています。

木質系床材とはようするに「フローリング」のことです。

もともと私自身マンションの1階に住んでたんですが、新居は9階だたんです。

1階に住んでるときはぜんぜん気にならなかったのですが、新居では昼間はそうでもないんですが夜間帯になると上の階の住人の生活音が少しばかり気になる様になるようになりました。

子供がいるので仕方ないですけどね。

引っ越したとうじ私も5歳と3歳の子供がいましたので「もしかしたら家も下階に音が響いてるんじゃないの」と今度は自分の家の出す音が気になり始めました。

子供が「ペタペタ」とフローリンを走る音、おもちゃを転がす音、イスを引きずる音。そして「フローリング」のキズ。

いろいろ考えて施工したのがキッチン・トイレ・洗面所・和室以外のすべての部屋そして廊下に絨毯を敷き詰めたんです。

しかも自分自身で。(苦労して苦労して何日もかかりましたけど)

苦労した甲斐があり、子供たちがだす騒音(子供たちごめんなさい)床のキズは気にならなくなりましたよ。

ですが、キッチンカウンター・テーブルからコップとかを落とすと「ゴツン」という感じにんなるんです。

あと、見た目がちょっと・・・

最初は一面「フカフカ」で肌触りもよかったんですが、日を増すごとに絨毯の毛足がへったってくるんです。

とくに動線部分(よく人が通るところ)なんて最後はペッタンコになり見た目も不細工でしたよ。

f:id:shuyax:20151009234419j:plain

「やさしいコルクマット」ラージサイズですと、なんと厚さが11mmもあるので子供が走りまわる音・振動はもちろん物を落としたときの衝撃も緩和してくれます。

使用されているコルク・EVAという素材自体が吸音・防音・衝撃吸収性にすぐれているんです。

 

yasasiikoruku.chakin.com