やさしいコルクマットってどうなの?

大人気の「やさしいコルクマット」についての情報を発信しています。


スポンサードリンク

暖房器具は一緒に使えるの?

だいぶ寒くなってきましたね。

これから本格的な冬をむかえると、多くのご家庭で暖房が必要になってきます。

そこで、「やさしいコルクマット」と暖房器具の併用は大丈夫なんだろうか?

最初にコレは絶対ダメというのがあります。

「床暖房」コレは直接コルクマットに熱が伝わってしまいますのでジョイント部分に隙間ができたり、マットが反り返ったりしてしまいます。

せっかくの床暖房もその上に厚みのあるコルクマットを敷いたら逆に暖房効果が無くなってしまうと思いませんか。

ラグとかカーペットなどが床暖房との併用が良いのではないでしょうか?

f:id:shuyax:20151121234846p:plain

こたつの場合もやはり直接「やさしいコルクマット」のうえに置くことはおススメできません。

こたつといえども熱源ですので、コルクマットに対してあまり良い影響はないですね。

ちなみに、こたつの内部温度は約30度~60度になるそうですよ!

もし、こたつを使用されるときは「こたつ用の敷物」「ラグ」「カーペット」などを間に敷いて直接こたつの熱がマットに当たらないようにしてください。

コルクマット→断熱シート→こたつ用敷物・ラグ・カーペットという敷き方がいいかもです。

 

f:id:shuyax:20151122000818j:plain

  ホットカーペット・ファンヒーターなんで  などはどうなんでしょう?

「ホットカーペット」こちらも直接コルクマットに熱を加えますので基本的にはおススメいたしません。

どうしてもということでしたら、「こたつ」同様  コルクマット→断熱シート→ホットカーペット。

こんな感じですね。

 ファンヒーターなんですが、一見まったく大丈夫なように思いますが実際はやはり部分的にマットが暖められるので(吹き出し口からの温風により)これまた、おススメできません。

こたつ・ホットカーペットもそうなんですが、とにかく暖房器具により「やさしいコルクマット」にダイレクトに熱が加わらない(当たらない)ように対策してください。

断熱シート・ラグ・カーペット・絨毯など試されるのもいいと思います。

冬場はお部屋が乾燥しますので、加湿などにも気を配ってください。

 

yasasiikoruku.chakin.com