やさしいコルクマットってどうなの?

大人気の「やさしいコルクマット」についての情報を発信しています。


スポンサードリンク

防音対策として 音のあれこれ①

「やさしいコルクマット」が防音対策としてもなかなか活躍することが分かったわけですが、本当のところはどうなんでしょうかね?

あなたも気になるところじゃないですか?

よく生活音について「階下の人からちょっと苦情を言われた」とか聞きますが

このように階下に伝わるような音は床の振動によってできる音なんですよ。

この音を「床衝撃音」といいます。

じつはこの音には2種類あることをご存知ですか?

ひとつはこれ

f:id:shuyax:20160817220349j:plain

そうなんです

スプーンとかフォークなどを落としたときの音

f:id:shuyax:20160817220619j:plain

積み木とかミニカーなどで遊んでいるときの音

(積み木が崩れたりミニカーを転がしたり)

「コツーン」「カツーン」

このように軽くて音の高い(硬い)感じの音を軽量床衝撃音といいます。

小さい子供とかスリッパをはいてパタパタ歩く音も軽量床衝撃音になります。

 

そしてもうひとつは

f:id:shuyax:20160817221949j:plain

まー あまりないですが・・

家の中でジャンプしたり飛び跳ねたりとかイスから飛び降りたり(子供ってヒーローごっことかでそんなことしたりしますね)「ドスンドスン」と響くように歩いたり・・

このような音を「重量床衝撃音」といいます。

軽量床衝撃音に対しての防音効果は十分ありますのでご安心ください。

 

ただ重量床衝撃音に関しましたら建物の構造上の問題ですので難しい部分もあります。

建物の床衝撃音の等級によって階下へ伝わる音のレベルが変わるんです。

階下へに聞こえる重量床衝撃音「ドスン」を軽減したければ床自体の厚みを変える必要がありますが、建物自体を工事しますとかなり高額になりますよね(T_T)

安価に対策をするのならば、床の厚みを増すというてんで厚みのあるマットを敷く!

「やさしいコルクマット」をおすすめしているのはマットの厚みがラージサイズですと

11mmととても分厚いんです。

これで完全ではないですがいくらかの「防音対策」になります。

マットを含めて床全体の厚みを変えたことになりますね(^.^)

音のあれこれ まだまだ続きます・・・

 

こちらからご購入できます

yasasiikoruku.chakin.com