やさしいコルクマットってどうなの?

大人気の「やさしいコルクマット」についての情報を発信しています。


スポンサードリンク

カビについて

この度は、当BLOGをご訪問くださりありがとうがざいます

今まではBLOGでの情報提供と言うよりも、どちらかと言えばぼく自身の「日記」

「やさしいコルクマット」に対しての【備忘録】的な感じでした

今後はみな様に「やさしいコルクマット」とは何ぞや?

メリットは、デメリットは?

これってどうなの?

こんなときどうするの?

などなど、みな様のお役に立てる情報をご提供させて頂きたいと思います

 

最初のお題は

【カビ】

結構旬のお題だと思いませんか(^-^)

6月に入り梅雨時期ということなんですが、なぜかしら全国的に雨が降っていないですね

テレビの「関西地方が梅雨入りしました」というニュースを見てちょっと気分的にも

「どよ~ん」となったんですんね、でも毎日毎日晴れ続きで個人的にはうれしいです(^.^)

農業を営んでいらっしゃる方々には雨も必要だと思いますが個人的な感情ですのでお許しくださいm(__)m

それでは、【カビ】とは一体全体何なんでしょうか?

Wikipediaによりますとカビの定義は

【カビという言葉は、狭い意味で用いれば、子実体を形成しない、糸状菌の姿を持つ、つまり菌糸からなる体を持つ菌類のことである】

とされています

また、面白いところで

【日常的にきのこと俗称される大型の子実体をもつ菌類でも、その栄養体である菌糸体だけが視認された場合、カビと認識される】

とも記述されています

ふだん食べているきのこ【カビ】なんですよ(゚д゚)!

そうか!チーズとかにもありますもんね

ちなみにチーズに使われるカビは【ぺ二シリウム】という種類で食べても害がないんですよ

f:id:shuyax:20170619214456j:plain

カビというのはどこにでもいるんですね

えっ?

と思うかもしれませんが、花粉と同じように空気中のどこにでも浮遊しているんです!

「じゃーそこら中カビだらけになるじゃなーい」

といわれそうなんですが、実はカビが繁殖するのには条件が必要なんですね

なにかといいますと

温度・湿度・酸素・栄養この4つが必要条件なんですね(^^)

温度:20度~30度(特に25度前後で活発化)

湿度:80%以上(空気中の水分が多いほど◎)

酸素:人間と同じですね

栄養:光合成ができない植物なので有機物質が必要です(タンパク質、炭水化物など)

日本でのカビシーズンは春から夏といわれています

そうなんです、6月あたりの梅雨

この梅雨時期が曲者なんです・・・

日本での平均湿度はだいたい60~70%

これが梅雨時期になりますと70~85%にもあがります

カビが繁殖するのにもってこいですね(+_+)

やさしいコルクマット」に関してもよくQ&Aされるのが「カビは大丈夫ですか?」

というご質問なんですが、上記の4つを気を付けていただければ大丈夫です( `ー´)ノ

これは「やさしいコルクマット」だけではなく普段の生活全般のことなんですね

よくいわれることなんですが

  • 湿気を減らす
  • 掃除をする(カビの栄養源を断つ)
  • 風通しを良くする
  • エアコンの除湿を利用する
  • 除湿器を使う
  • 1日に何度か窓を開け換気する
  • 布団には乾燥機を利用する

などなどあるのですが、やはりお部屋の換気をして風通しをよくすることがポイントです!

また、もしカビを見つけても掃除機では吸わないようにしてくださいm(__)m

(これカビ生えてるやん、というときですよ。普段は掃除機を使てくださいね)

結果としてカビの胞子をまき散らすことになりかねませんので

そのときは薄めた中性洗剤でふき取ってください

最近ではお風呂だけではなくお部屋用のカビスプレーなども販売されていますので後処理としてお使いいただくのの良いのではないでしょうか

あっ!

やさしいコルクマット」も同じですよ(^o^)丿

年に1回は外して床面をお掃除してくださいね

年末の大掃除のときとか良いのではないですか 

エッ 今は年末の大掃除なんかしないんですか・・・?

最後に、「やさしいコルクマット」の上にカーペットとかお布団とかの敷きっぱなしはダメダメですよ(; ・`д・´)

その部分も定期的に換気してくださいね

 

やさしいコルクマット通販