やさしいコルクマットってどうなの?

大人気の「やさしいコルクマット」についての情報を発信しています。


スポンサードリンク

ダニについて

以前【カビ】についてお話ししましたが、今回は【ダニ】について

少しお話しをしたいと思います

f:id:shuyax:20170626230018j:plain

一般的に家に発生するダニの種類としてこの4種類が挙げられます

f:id:shuyax:20170624174719g:plain チリダニ

f:id:shuyax:20170624174719g:plain コナダニ

f:id:shuyax:20170624174719g:plain ツメダニ

f:id:shuyax:20170624174719g:plain イエダニ

ひとつずつ説明していきますね

チリダニ

体長は0,2~0,4mmで乳白色、体が小さく肉眼で確認することが難しく気付きにくいことも特徴です

生息場所は布団・枕・ベッド・ソファー・カーペットなど

主な繁殖期は湿気の多い梅雨時期、6月か~10月

チリダニは人のフケ・垢・埃・カビなどを餌としているので人間のいるところにはほとんど生息しています

また、チリダニの死骸やフンを吸い込むことによりアレルギー(喘息・鼻炎・眼・アトピー性疾患など)の原因とされています

対策としてお布団などの天日干し、または布団乾燥機などを使いその後掃除機での吸引が効果的です

 

コナダニ

体長は0,3~0,5mmで乳白色、肉眼では見落としやすいですが粉粒程度でよくみるとゆっくり動いているのが分かります

生息場所は食品、小麦粉・片栗粉・かつお節などのほかにも味噌やチーズ・チョコレートなどにも発生します

繁殖時期はやはり梅雨時期に発生しやすいのですが結露の多い冬場にも発生します

また、繁殖条件の温度(25~30℃)と湿度(75~85%)がそろえば2日で大繁殖することも・・・怖いですね

コナダニは人を刺したりすることはないのですが人を刺すツメダニの餌とされていますので注意が必要です

お部屋の換気、お掃除はもちろんですが、食品の保存にも気を付けてください

 

ツメダニ

体長は0,3~0,8デ薄い黄色味、やはりかなり気を付けてみないと発見しにくいです

生息場所はカーペット・畳・押入れの布団・家具の裏

繁殖時期は高温多湿の梅雨時期から秋口にかけてですが、8~9月の被害が多いいです

また、戸建て住宅よりも密封性の高いマンションのほうが多く発見されています

ツメダニは人を刺すダニの代表なんです

刺されると1~2日で赤く腫れかゆくなるという症状がでてきます

対策としてほかのダニ同様、換気とお掃除ですね

ツメダニは、チリダニ・コナダニを餌としますのでチリダニ・コナダニの繁殖を防ぐことも大切になってきます

 

イエダニ

体長はダニの中でも大きく0,6~1,0で薄茶色ですが、イエダニは人の血を吸いますので吸血すると赤褐色になります

またこのイエダニは肉眼でも確認できます

生息場所はネズミや鳥の巣とされていますが、現代の住宅ではネズミが減り被害は減少されています(ネズミがいない場合人の肌にくっつき吸血することもあります)

対策としてはネズミの駆除となっていますが、ネズミが住めないようにお部屋を清潔にすることですね

 

以上のようにダニの繁殖を防ぐには、高温多湿をさけることなんですね

こまめに換気とお掃除をして清潔に保つ、そしてダニの繁殖する条件にストップをかけることが大切なのではないでしょうか

あっ!

なぜ「コルクマット」がダニに強いか?

強いというニュアンス少し変ですか?

では、なぜダニを寄せ付けないのか・・・ですね

答えはいたってシンプルなんです!

「コルクマット」はダニが発生しにくい素材だからです( `ー´)ノ

天然素材のコルクを使用している「コルクマット」には忌避成分(虫を寄せ付けない、嫌う成分)である「スぺリン」が多く含まらているので、ダニやカビが発生しにくいということなんすね(^-^)

またコルクには調湿性もありますのでダブル効果ですよ(^^)

 

 

やさしいコルクマット通販