やさしいコルクマットってどうなの?

大人気の「やさしいコルクマット」についての情報を発信しています。


スポンサードリンク

コルクマットの変形

ここ最近のご訪問者さまのアクセス解析をしましたら、検索順位の多いタイトルが「コルクマットの反り」「コルクマットの収縮・膨張」などが思っている以上にありました。

ということで、今回は「コルクマットの反り」などについて情報発信をしたいと思います。

まずは、コルクマットをご購入・使用された方からの「反り」についてのレビューを見てみたいと思います。

  • 原因はわかりませんが、そのうち歩くと所々パフパフしてきました。そのうちだんだんと反りが発生、コルクマットが浮き上がってきたんです。
  • 敷いてから数日経つと湿気のせいか反り返ってしまいました。もう少し厚みのあるものにすれば良かったと後悔しています。
  • 継ぎ目もきれいで最初は良かったですが半年以上経った頃から、場所によって膨らんできました。湿度が高くなったせいか、最近はあちこち膨らんで波打ってきました(T_T)
  • ぴったりサイズでカットすると、湿気で膨張してべこべこになる。せっかくキレイに貼ったのにカットしなおしです。。最初に書いておいてくれれば2度手間にならなかった。
  • 難点があります。湿度、温度で膨張、収縮するようで、以前に冬に施工したら、夏になったらマットが膨張して、ぴったり収まっていたのが、山のように膨らんで、つまずいて困りました。
  • 最初はいい感じだったのですが次第に反ってきて、それに子供がひっかかり、子供の怪我防止に購入したのに返って怪我をさせることになりそうです。

※「やさしいコルクマット」だけではなく「コルクマット」全般のレビューですので

  お間違いのないようによろしくお願いいたしますm(__)m

 

このようなレビューはたくさんありましたが、ちょっとぼくが気になったものを書いてみました。

 

集約しますと「冬場にコルクマットを敷き詰めると、気温が上がってくる梅雨時期くらいからコルクマットが膨張したり反り返ってくる」ということなんですね(>_<)

この症状の原因は何なんでしょうか?

f:id:shuyax:20170704235619j:plain

コルクはコルク樫の樹皮から採取された天然素材なんです

ということは、「木(木材)」なんですね(分かってるよ・・・ですよね~!)

では、「木(木材)」の水に対しての性質とはどのようなものなんでしょうか?

 

 木材は含水率が減少すると収縮し、逆に増加すると膨張するんです

これは水が木材組織内に結合水として吸着または脱着することで容積が変化することによりこのような現象が起こります(ぼくたちも水分を取りすぎたら身体が浮腫んだり、大汗をかいたら細くなったりしませんか?)

(?_?)例えが少し悪かったですか(笑)

f:id:shuyax:20170706002216j:plain

冬場に敷き詰めた「コルクマット」が梅雨時期あたりから膨張するのはこの「木(木材)」の性質のせいなんですね

「別に濡らしてないよ」といわれるかもしれませんが、大気中には多少なりとも水分(水蒸気)を含んでいるので、大気の湿度変動による含水率化には寸法変化が伴うということなんです

大気中に含まれる水分(水蒸気)の割合=湿度

ですから湿度の高くなる梅雨時期頃から「コルクマット」が水分を吸着して膨張するんですが、この「コルク」には「水が浸み込まない」という、もう一つの性質があるため一般の木材と比較すると吸水量は非常に少ないんですよ( `ー´)ノ

そして、含水率の変化による収縮率が最も小さい「木(木材)」なんです!!

ではなぜ「コルクマット」が反り返ったりするんでしょう?

原因はもう一つの素材にあります

コルク」とナイスコラボレーションをしている「EVA樹脂

これなんです

コルク」と「EVA樹脂」この二つの素材の収縮率・膨張率が違ので「コルクマット」が反り返ったり、浮いてきたりするんですね(T_T)/~~~

 

この画像をご覧ください

f:id:shuyax:20170705234246j:plain

以前の「やさしいコルクマット」は床暖房・ホットカーペットなどには非対応だったんですが、現在の「やさしいコルクマット」は対応してるんです

この「EVA樹脂」は冷えると収縮し温めると膨張する性質なんですが、「耐熱試験において変形などの異常が見られなかった」と証明されているように「コルク」自体が「EVA樹脂」の変形に対応しているということですので、床暖房・ホットカーペット対応の「やさしいコルクマット」は今まで以上に「反り」「膨張」「収縮」に対して

やさしくなっていますよ(^.^)

 

やさしいコルクマット通販